木材生産森林と公益的機能別森林の共存による持続的な森林経営

林業事業部門は、藤仲興産株式会社の子会社である藤仲林材株式会社が経営しております。
藤仲林材株式会社は、宮崎・大分2県の3市2町(宮崎県延岡市、西都市、門川町、美郷町、大分県佐伯市)に約1,100HAの山林を所有しています。これからの山林は、主に五ヶ瀬川流域と耳川流域の2つに分布しており、両流域とも急峻な地形の九州山地の山岳地帯に源を発する水系となっています。
この中にあって、当社は、森林の持つ公益的・多面的機能(水源のかん養、災害の防止、生物多様性の保全、保健休養の場の提供など)を十分に活かした施業の実施を目指しています。古来より森林は、私たちの生活と深く関わっています。藤仲林材株式会社は、変わらない未来に向けた森林の維持管理に寄与して参ります。

森林経営の目標

森林経営の目標

藤仲林材株式会社は、林業の目指す未来のため3つの目標を掲げ日々邁進しています。

詳細はこちら

所有山林の紹介

所有山林の紹介

藤仲林材株式会社が延岡周辺にて所有している山林をご案内します。

詳細はこちら

ページのトップに戻る